FC2ブログ
2013
04.12

手術痕

Category: 闘病外伝
技術の進化はめざましい。

入浴時ふと自身の前面を眺めてみる。面白い模様とかがあり飽きないが寒いので湯船に浸かり体を温める。
A地点、胸腺腫摘出時縫合はホチキスみたいな金具が30本程約30cm。B地点、胆嚢及び胆石摘出時内視鏡による下腹部のみ縫合後抜糸。C地点、鼠径ヘルニアの処置5cm縫合はせず透明ガムテープみたいなのをぺタと貼付け後の外科外来で上下を止める3本のテープ自然に剥がれるので自分で剥がさないようにとの事。D地点、幼い頃肺炎になり点滴を足からした痕だそうです。D地点以外は疵とは云えない程のものです。
部位にも依りますが疵痕が気になり手術に踏み切れない方、大変技術が進んでおりますので担当医師が勧めるのであれば早めの処置をお願いした方が良いと思います。今時分の手術は全く痛くありません(ウソぴょ~ん)。

命あっての、アントキノイノチ。

Comment:0
2013
03.21

駝鳥伝

Category: 闘病外伝
寒の戻り的気候は堪える。

9時30分の予約時間より前に外科の外来で担当のS医師に診て貰う、腹痛の無い事を告げると外科的措置はこれで終了だそうです。
術後の傷による盛り上がりは時間とともに治るそうで、もし仮に右側に出たら痛くならないうち来て下さいとの事でしたがあまり例はないそうなのでやや安堵しております。手術中もその後も殆ど痛みを感じなかった訳ですが鼻から腸内の液を抜く為のパイプの出し入れは夢に出るくらい辛く苦しいもので思い出すのも怖い。

脱腸&腸閉塞は超痛い事を知った。

Comment:0
back-to-top